メニュー
問い合わせ
資料請求

ニュース

株式会社赤阪鐵工所への議決権行使方針について

投稿日 : 2018年6月7日

 合同会社M&S(代表社員 内藤昌弘)は、株式会社赤阪鐵工所(以下「赤阪鐵工所」と言います。)の平成30年3月31日時点で発行済株式総数の136,800株、約8.88%を保有する株主です。弊社は、赤阪鐵工所に対し、平成30年6月27日開催予定の赤阪鐵工所第120期定時株主総会での株主提案を行っております。

 この株主提案(第7号議案)は、期末の一株当たりの配当金額を金30円から金45円へ増やすことを目的としており、その他の議決権行使方針としては、会社提案の買収防衛策の更新の件(第6号議案)に対して反対票を投じます。

 赤阪鐵工所株主の皆様には、下記に添付しております「株式会社赤阪鐵工所への株主提案書」及び「赤阪鐵工所への議決権行使方針について」をご理解いただき、弊社提案にご賛同いただきたく存じます。

株式会社赤阪鐵工所への株主提案書

赤阪鐵工所への議決権行使方針について

ページトップ