メニュー
問い合わせ
資料請求

M&Sの特徴と投資方針

M&Sの特徴

M&Sは、特定の金融やコンサルティング系列に属さない
日本の独立系の投資会社であり、
メンバーは日本で活動するプロフェッショナルです。

投資先企業の手掛けている事業の優位性や将来性、保有資産の算定を徹底して行い企業本来の理論価値を算出します。
理論価値と現在の企業価値に大きな開きがある場合、我々はそれを【市場の乖離】として捉えます。株主権利を行使することによって乖離をなくし、本来の理論価値に近づけることで企業価値の向上を実現します。
また、コーポレートガバナンスの重要性と実現を促していくと共に、企業価値向上を通じて株主をはじめ、全てのステークホルダーとマーケット全体の発展に貢献する事を目的としております。

投資方針

中長期的な
投資

個別銘柄については徹底したリサーチ活動を継続し、割安と判断される銘柄を中心にポートフォリオを構築します。運用成果の目標とするベンチマークは設定せず、また短期的な成績向上を狙うような無理な投資を行うことなく中長期的な投資を目指します。

投資企業への
戦略的関与

企業価値を下回っている日本企業を対象に、バランス・シートの再構成を主軸に経営層への財務環境改善及び株価向上を目的とした戦略的な関与によって収益を獲得します。

積極的な
議決権の行使

投資先企業との対話を踏まえ、より良いコーポレートガバナンスと適切な株主への利益配分実現のため、積極的な議決権行使を行いながら株主価値の最大化を図ります。

ページトップ